スマートフォン表示の方は右上のメニューをタップしてください。

ギター

gibson j-45

 

20歳の時に東京に上京する前日に音楽に身を捧げる気持ちを形にすべくミュージックプラザ・ミモリにて購入。

 

下記のギターが仲間入りすることで一時影を潜めていたがハミングバードの不具合を期に前線に復帰。

 

ピックアップはピエゾとマグネットを搭載。

 

君島大輔の気分次第でどこかしこといじくり回される。

 

 

 

 

headway hd-518

 

 

地元にある楽器屋・ミモリレコード(現ミュージックプラザ・ミモリ)にて購入。

 復刻版で限定生産25本の中の1本で、マーチン・D-28のコピーモデル。

 

現在はL.R.BAGGS・Ibeamを装備。

 

 

 

gibson

hummingbird

 

 

ハーモニカを買いに島村楽器宇都宮店に行った際に壁に立て掛けられた一際輝くギターを見つけ、仲の良かった店員さんの大プッシュもあり半ば衝動的に購入。

人生初ローンを体験。

 

長らくメインギターとして活躍するも多くの戦痕により離脱。

メンテナンスに出す度に不具合が見つかり、修理の目処が立たなくなったので泣く泣く離脱。

 

 

epiphone ej-200vs

 

 

宇都宮のガラクタ鑑定団のギターコーナーで見つけたギブソン・J-200のコピーモデル

 

主に路上ライブや練習用で使用。

忌野清志郎さんが使用していたj−200に憧れ、せめて形だけでもと購入。

 

似てるのは形だけで音は全くの別物。

格好良ければ音なんて関係ないのですよ。

偉い人にはそれが分からんのです。

 

 

morris

wh-30

 

1973~75年の期間にモーリスが製作していたギブソン・ハミングバードのコピーモデル。

 

作られていた時期が短いので生産台数も少ない結構レアなギターらしく、本家ハミングバードを使用している身としては無視出来ずにリサイクルショップのギターコーナーで発見し即購入。

 

状態が良い分あまり弾き込まれていなかったのか音も少し篭っているのだけど、ギブソンの特徴は見事に捉えているのでこれからが楽しみな1本です。

 

ギター教室の生徒に貸したつもりが本人は貰ったと勘違いしている様子。

 

 

エフェクター類

boos

ad-5

 

生産中止とのことでネットにて根気よく探し当てた1台。

コーラスとリバーブが付いている優れものだけど、電池で稼働しないのでコンセントがない会場だとただの箱。

 

 

 

l.r.baggs

paraacoustic d.i

 

電池駆動が可能なので上記のboos ad-5が使えない会場で使用。

 

 

アンプ

roland

cube street

 

乾電池でも稼動する汎用性抜群のアンプ。

 

音響機材が無い場所でのライブも視野に入れて購入。

 

マイク専用とギター専用のチャンネルがそれぞれ独立しているのでこれ1台でどこでも弾き語り程度のライブが可能。

ー関連リンクー

ひまわり

『ひまわり』ボーカル

 

ぽんこのブログ

 

山吹

rinne

Assort Book

ネットラジオ放送局

Nasu-Wave

-このHPをシェア-